あおり運転(川越営業所)

ブログ

いつも当ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
本日のプログ記事を担当します、川越営業所川原田です。

数日前、川越センター近くの国道で自転車が蛇行運転を繰り返し、
後続車に対して妨害行為をするニュースを動画で見ました。

「あおり運転」は、他の車両の通行を妨害し、重大な交通事故にもつながる
極めて悪質で危険な行為です。
2020年6月30日に「あおり運転」を取り締まる「妨害運転罪」が創設されたようで
刑事罰・免許取り消しなど罰則が強化されています。

 

 

あおり運転の種類
・車間距離を詰める
・幅寄せ
・蛇行運転
・クラクションでの威嚇
・必要のないハイビーム
・ものを投げる
・車両を殴る
・暴言を吐く
(明確なあおり運転の定義は存在しない)

運転中、上記のような場面に出くわしてしまったら、
①ドライブレコーダーの映像を警察に提出
②無視、又は安全な場所で一時停止する
③苛立っても急ブレーキは絶対に踏まない
あおり運転に遭わないためにも、思いやりや譲り合いの気持ちを常に忘れず
仕事やプライベートでハンドルを握っていきたいと思います。

以上、川越営業所からお送りしました。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 
FacebookPRtext_staffboxyu無題