2022年 感動追求実践スローガン 『信用』(本社)

本社

新年あけましておめでとうございます。
旧年中はご関係の皆さまに大変お世話になり、誠にありがとうございました。
元日より業務いただいている協力会社さま、
就業いただいている社員の皆さん、誠にありがとうございます。
「感動」追求物流会社、トランス・グリップの竹上です。

一昨年に続き、昨年も、新型コロナウィルス感染拡大の防止対応に、大変なご苦労とご理解をいただきまして
2022年を迎えることができました。あらためまして協力会社さま、就業いただいている社員さん、そして温かいご理解で
ご支援くださいました、ご家族のみなさまには感謝申し上げます。
数年前から、かつて経験したことのない人口減少、少子高齢化に伴う労働問題、エネルギー問題など、世の中が直面している
問題があります。加えて、新型コロナウィルス、パンデミックにおいて、ライフスタイル、企業活動の変化で、企業の取り巻く環境は
大きく変わろうとしています。「変化の加速」が加速する時代と言われており、そのような体感をされている方も多いかと存じます。
当社は引き続き、販売を支援する物流機能を提供し、安定供給を続けることで前進していく会社です。
未来を見据えながらも当社設立の原点、目的を確認、当社の現在地を正確に認識して、永続する企業へと成長を遂げていく
必要があります。そのうえでは、「不易流行」を理解して実践することが重要と考えています。
調べればわかりますが、お付き合いください。
「不易」は、いくら世の中が変わっても変わらないもの、変えてはいけないもの
「流行」は、世の中の変化とともに変わっていくもの
不易の反対語が流行で、相反、矛盾しているかのように感じるかもしれませんが、不易と流行のどちらも欠けてもダメで、
両方がそろって 初めてうまくいくことの四字熟語です。
「不変の真理を知らなければ基礎が確立せず、変化を知らなければ新たな進展がない」ということです。
基礎、基本があって、応用が利くのであって、基礎、基本がなければ、時の流れ(時流)には乗れないとの解釈もできますね。
それでは、企業としての不易流行とは何か
「不易」は、熱意・情熱・創業の精神
      顧客創造・顧客づくり
      人材育成
「流行」は、プロダクト(売り方、商品、サービス) イノベーション(革新)
      システム(仕事の仕方) イノベーション(改革)
      マインド(意識) イノベーション(変革)

「こんなことしてくれたらいいな」、「こんなのあったらいいな」を形にすること。
困りごとを解決することが、当社のやるべきコトになり、コトを成し遂げるには、熱意・情熱ですね。
毎回、繰り返しで恐縮ですが、

その時にあった「より良いサービスを」    Quality :品質
       「より適正に」        Cost :コスト
       「より適切なタイミングで」  Delivery :納期
       「提供し続ける」コト     Service :サービス
QCDSごとに、現場の作業効率や安全性の確保を見直す チームカイゼン活動が、やるべきコトになります。
チームカイゼン活動は、感動の追求する活動です(CAN-DO できる、するの追求です)
2022年 「感動追求」実践スローガンは
『信用』 ~ 感動「できる」会社で、感動「する」毎日を ~ です。
全社員で、熱意・情熱をもって信頼に応えて、実績を築きあげて参りますので、本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 
2022年感動追求実践スローガン「信用」_虹(決定)