インフルエンザ対策(掛川常温センター)

掛川常温センター

いつも当ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
本日のブログは掛川常温センターの星野が担当いたします。
よろしくお願いします。

気温が下がってくる時期になりました。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
毎年、11月頃からインフルエンザが流行しはじめます。
ピークは1月頃ですが、早めの対策が必要です。
インフルエンザは咳や鼻水などの飛沫感染により発症し、
一般的な症状としては38度以上の高熱が3~5日ほど継続します。
熱が下がってもウイルスが体内に残っているので、自己判断で会社へ行かないように
注意が必要になります。

自分に問題なくても、家族が発症していた場合は必ず会社への連絡をし、
被害を最小限にしていきましょう。

予防として手洗い、うがい、マスクを着用するなどが上げられますが、
予防接種を受けることも重要ではないでしょうか。
1020
新型コロナウイルスの影響もある為、より体調管理に気をつけていかなければならないと思います。

以上、掛川常温センターからの投稿でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 
FacebookPR text_staffboxyu 無題