カイゼン活動(東名埼玉センター)

ブログ

当ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

本日ブログ記事は、東名埼玉センター松澤が担当いたします。

10月に入り急に昼と夜の寒暖差が激しくなり、
連日続いた真夏日が嘘のように、すっかり秋めいてきました。

我が家の3兄弟も先日押入れから出した布団に包まり
全く起きてこなくなり、朝から嫁マジギレという
なんとも騒がしく慌ただしい松澤家。
冬の恒例行事が今年も始まりました。

我々東名埼玉センターでは、サツマイモや栗等、
秋の味覚に関連した商品やハロウィンの出荷も始まり、
働きながらにして“日本の四季”を感じることができます。

既にクリスマス商材と思わしき商品も入荷しており、
今年もあと僅かだなぁと実感すると同時に、これから忙しくなってくるので、
それに備えて準備しなければと思う日々でございます。

そこで、忙しさが予想される入荷で、まずは『カイゼン』を実施いたしました。

我がセンターの “カイゼン隊長”Y氏が、既存の検品台車を更に使いやすく
施工を行い、以前の試作機より好評を得ています。

1012-1

廃材を使用し、前方にラックを増設。
転がって無くしがちな鮮度を書くマジックペンや
夏季に活躍する温度計を収納できる場所をその前面に設置したことによって
とても理に適った検品台車へと生まれ変わりました。

1012-2

尚、余っていた天秤台車のパーツを使用することによって前方の視界も良好。
衝突安全性も確保されています。

初代より2回モデルチェンジしておりさしずめ、その進化の過程は
ガンダム⇒アレックス⇒Mk-IIと言ったところ。

これに満足することなく、今後の使用で検証を行い細かなマイナーチェンジを繰り返し、
F91まで進化させていこうと思います。…ということは、変形して合体して
段々と小型化しないと(笑)

以上、松澤の投稿でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 
FacebookPRtext_staffboxyu無題