庫内巡視(川島)

ブログ

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。
本日のブログ記事を担当します、川島営業所の柿島です。よろしくお願いします。

今回は3月から川島営業所にて新たに取り組む庫内巡視について書きたいと思います。
3月から月に1回社員で作業終了後に庫内巡視を行い、日頃の2Sをチェックします。基本的には定置管理のチェックが主になってきますが、脚立、ローラー等作業道具の不備の確認も行い労災撲滅にも努めたいと思います。定置管理と言っても定置が決まっていたりいなかったりで、あれが無いこれが無いと探し回っているみんなの姿をたびたび目にします。
探すムダを無くす為にも日々の定置管理が重要になってきます。

2Sマップを作成しそれを基に巡視を行います。
20160225_1
川島営業所3大探し物、ハンドフォーク、脚立、セロテープをマップにも表示しました。

他にもチェック表を作成し月毎の不備内容が一目でわかり前回チェック時の×項目が今回は○になるかをポイントに見ていきます。
20160225_2
2Sに関しては現場管理者が先頭に立ち、行うことが重要です。管理者が気にしなければ作業しているパートはもっと気にしません。意識を持たせるようにするには一緒にやることが一番です。まずは社員から始め、パートに落とし込んでいければ良いと思っています。

以上、川島営業所柿島の投稿でした。
ありがとうございました。