棚間口増設(川島)

ブログ

いつもホームページをご覧いただきましてありがとうございます。
本日のブログ記事を担当します、川島営業所の柿島です。よろしくお願いします。

今回は棚についてです。川島営業所では多くのお取引先様があり、それぞれのお取引先様のみの扱い商品もあり棚設定が作業の効率アップに繋がります。

棚は1つの段に多くても5アイテムが限度ですが、1店舗しか扱いの無い商品も多数あり、そのまま既存の棚に設定をしても棚間口が不足してしまいます。また、1店舗しか扱いがない為出荷頻度も低く、在庫を多く持つ必要がありません。他の出荷が多い商品を棚に目一杯補充したいので、出荷数に合わせた間口の広さが求められます。

棚に普通に置くと横に寝かせた状態で幅を取ってしまいますが、いらなくなった段ボールを組合せて棚を作成しました。商品をたてて置くことで1つの棚に10アイテム程棚設定が可能になりました。また、上の棚板をギリギリに下げることで3段棚が4段の棚になり棚1基に多くのアイテムを登録することが可能になりました。
これで棚の本数を減らし、棚が置いてあった場所は仕分け作業スペースなどに使用し、棚を纏めたことによりピッキング時の歩行動線も短縮されました。

今回の投稿は以上になります。ありがとうございました。

“当社のFacebookページ”でも社内の様子を公開しています。御閲覧の際にはぜひ「いいね!」をお願いします。