文化・伝統を大切に!(昭島)

ブログ

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。
本日のブログ記事を担当します、昭島営業所所長の内野です。本年もよろしくお願いします。

新年を迎えてはや1週間が過ぎました。お正月も仕事をしていたせいか、1月7日は七草という事もすっかり忘れていた私ですが、昨日起床した際に、七草粥が実家で出来ており、『そうだ、今日は七草だ』と思い出した所であります(汗)
そこで、七草について少々調べて見ました。

春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って食べられる。祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。(引用:Wikipedia)

関東地方では主に、セリ、ナズナ、ゴ(オ)ギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの「七草」をまな板の上に置いて叩いて細かくし、粥に入れるのが一般的だそうです。他府県によっては粥に入れる七草に違いがあるそうです。

20160108_2
人日|暮らし歳時記

20160108_1
“Nanakusa gayu on Nanakusa no sekku” by Blue Lotus – Flickr. Licensed under CC 表示 2.0 via ウィキメディア・コモンズ

当然、私も昨日出勤前に家族、そして営業所が1年間無病息炎、無災害を願い食しました。
皆さんはいかがでしょうか?日本の文化、伝統というものは忘れずに、大切に守って行きたいですね!

以上、昭島営業所内野の投稿でした。お読みいただきありがとうございます。

当社のFacebookページでも社内の様子を公開しています。
御閲覧の際にはぜひ「いいね!」をお願いします。